Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2017年8月5日土曜日

FSA BB8200 メンテナンス

謎の異音に悩まされる日々…。この音は一体どこから…。
カリカリカリカリカリカリ…。精神衛生上良くない…。


どうも、台風接近中の鹿児島です。
以前から気になってた異音解消のために強風吹き荒れ灰が舞い上がる中、車庫で作業を開始しました。


異音の候補として挙がってたペダルは、ちょっと前に新品に交換したので原因はココではない。となれば最大の候補はBBが考えられます。締め直しをしても変化はないので原因はベアリングかな??…と。

現在使用中のBBはFSAのBB8200 (MegaExo oversize ceramic ball bearings)
新品を買うには高すぎるので、まずはメンテをしてみましょう。


クランクを外したついでにチェーンリングも外して掃除します。そして外したベアリングはこちら。


最近は洗車すらしてなくて汚れてますね。
ところでベアリングって分解しても大丈夫なんでしょうか??壊したらどーしよーww
そんな事態になったら来週のライドに参加できなくなるので下調べ。

ググってみるとありますね!どうやら精密ドライバーでカバー類は外せるようです。

さっそく壊さないように黒いダストカバーから外していきます。


ダストカバーの外側から慎重に精密ドライバーを差し込んでみると簡単に外れました♪
真っ黒に汚れたグリスをふき取ってみると赤いシールが見えてきます。


この中にセラミックボールが入っているんですね??開けちゃいますよ??


ここは内側からの方が外しやすかったですね。慎重にドライバーをねじ込む場所を探りがらの作業…。


赤いシールが外れると…。
もう一つカバー(?)が。これは外していいのかな??でも調べたら外してる方がいたので大丈夫でしょう。シールやカバーと違って厚みがあるので手こずりました(;^_^A


外したリテーナ部分とカラッカラのベアリング内部。


グリス切れなんですよね??コレ??真っ黒だし。

とりあえずパーツクリーナーをぶっかけて綺麗にします。


サラッサラになりました。シャーーーーーーっと回ります。

綺麗になったベアリングに詰め込むのは…

FINISH LINE
CERAMIC GREASE


どこから発掘されたんだよwww なんでこんなにボロボロなんだよwwwそりゃ最近は出番無かったけどもw

でも中身は問題なしなので使いますよ♪

「BB、ハブ、ヘッドセットのベアリング性能を最高に発揮」と仰るのでぶち込んでやります!コイツ以外に適任はいない!!(謎

塗りこみました!!あとは外した順にカバーやシールを戻していきます。
…って、これボールをリテーナ部分の凹みに合わせて均等に並べないとリテーナーが装着出来なくね??ボール見えないんですけどw

とりあえずドライバーで適当に均等になるようにボールを動かしてリテーナーを被せてみます。嵌らなかった箇所はリテーナーを持ち上げてボールの位置を調整。この作業を数回繰り返してやっと嵌りました(;^_^A

あとは赤いシールを嵌めて、ダストカバーを被せたら完成です!

意外と簡単ですね♪

最後にフレームに装着して異音の有無を確認します。

天気が悪いので自宅前をサンダルで軽く走っただけですが…

異音ナーーーーーーーーーーシ!!!

(゚∀゚)キタコレ!!

よかったよかった!!!これで気持ちよく走れそうです(^^♪
あとはビンディングシューズでの実走で大丈夫かどうかですね。

それでは!

【8/8追記】
あれから通勤で実走しましたが異音は消えてませんでしたwww
右側の片足ペダリングだと異音なし、左側の片足ペダリングだと異音あり。
以上のような症状です。
怪しいとご指摘のあったヘッド、ペダル、クイックあたりを重点的に再チェックしてみます。

【8/14追記】
タイムリーな記事が上がってました。

BICI AMORE
ペッキペキでパッキパキのチッチッチな異音問題
可能な限りチェックしていきましょうか…。


0 件のコメント:

コメントを投稿